読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀しながらFull house

役に立つ英語の知識と麻雀の面白さを世の中に発信するブログです(囲碁始めました)

Practical English Usageより121~125: can and could

common or typical
 Scotland can be very warm in September.
 Ann really can get on your nerves sometimes(get on someone's nerves= annoy someone)

could is not always possible
 How many eggs were you able to get?(Not How many eggs could you get?)
つまりcouldはいつでもやろうと思えばやれる能力があったってときには使うけど、何かを実際にしてできたって時には使わないよって話。後これに関連して、couldってのはwas/were allowedの意味にもなるけど、この場合も一緒で子供の頃何時まででも起きててよかった(親に許されていたとか)のときはcould使うけど、試験期間だったけど昨日は一時間だけテレビをみることができた(許可が出た)。みたいな時はcouldは使えない。be allowedを使いましょうと。

other uses of could〜softer, less definite form of can
 When you're in Spain, you could go and see Alex.
couldは過去の意味だけじゃなくて、canよりもソフトな感じの意味として使えますよということ。

future: can or will be able to
現在の能力、環境、意志決定からして将来できるだろうことについて言及するとき、例えば
 She can win the race tomorrow if she really tries.
のようにcanを使う。だけど以下の例のようなときwill be able toを使う方がよろしい
  I'll be able to speak French at the end of this course.(ちょっとそれるが言語が話せる能力や楽器が弾ける能力を言及するときはcanを省くことが多い。)
can/could always
他にbetterなものがなければできるよって意味。まあ直訳してもそんな雰囲気は分かるけど。
  What are we going to eat?- We could always warm up that soup.

can and could: with see, hear, etc
認識に関してはいわゆる現在進行、いましているってことを言うときに、Seeingとかhearingとかじゃなくcan see, can hearみたいに使う。(特にイギリス英語で。アメリカ英語ではsimple present formで使うことが一般)
  I can see Susan coming
  Can you hear somebody coming up the stairs?