読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀しながらFull house

役に立つ英語の知識と麻雀の面白さを世の中に発信するブログです(囲碁始めました)

Day trip

I have a day off tomorrow so I was thinking of going for a drive. I love to spend pastime in nature rather than in commercial district. I looked through a couple of web pages which give information about places worth visiting around here. Then something caught my eyes and it was Tsukuba mountain. It's not either very hot or very cold in day and weather forecast says it's going to be sunny tomorrow so it'll be a perfect day to climb a mountain. It takes about an hour drive to get there and sounds right distance to enjoy driving. I'll also try to make lyrics there. A friend of mine and I are trying to make a song together. He takes music and I takes lyrics. He has already sent me a part of music so I can listen to it there. I hope great nature will inspire my senses. I'm going to write about tomorrow later.

AI

I often think about what AI will bring to the future of the world. it is said that they are taking jobs away from humans. According to published research, almost half of jobs are at risk of being replaced by robot laborers. I assume that grunt, routine and manual work will be the first targets to be automated. Higher-level jobs will follow them. I'm wondering what kind of skills are required for humans to live in the world where robots can undertake almost every job. Perhaps no skills will be needed in the world and humans will be able to just fool around. Or robots may become aware of themselves and take over humanity like in SF movies. I have no idea what will happen.

Sunset is the best time in a day

I was done with my work in the morning. After getting back home, I took a shower and finished lunch then went for a drive. After driving for a while, I dropped by a park and sat on a bench with a half-read novel.  About an hour before sunset, I headed to an embankment where I love to go and see sunset. When I got there, the sun was already sinking in the western sky. As I was sitting in the embankment, the sun was going down and night was coming.  The best moment is when the whole sun gets out of sight but its orange still lingers on the bottom of the sky just above the horizon. It makes excellent spectral on the sky. I could sit and look at  it all day but unfortunately it doesn't last long. After a while, I took a walk around there, feeling the cold wind. I felt winter coming over. 

Airtcle

"Shaming ourselves is a way of acknowledging that failure before someone else does. It’s the reason some people make self-deprecating jokes or call themselves ugly."

 

"The thought process goes: If I say all the mean things about myself that everyone else is thinking, then I have the power."

 

It's kind of awareness for me that we have similar way of thinking even we anker our thought with different language. I would hate those who shame themselves before someone else does and hurt them but now I can understand their feelings as I'm getting older. Encourging words such as "You don't have to compare yourself to others" "Being the way you are is enough", but it's easier said than done. Actually most people care how others see you. It seems inevitable to me.

【洋楽歌詞の和訳】 Avril Lavigne " Sk8er boi"

"Sk8er Boi"

 

 

He was a boy.

彼は少年で

 

She was a girl.

彼女は少女でした

 

Can I make it anymore obvious?

もう少し詳しく話していい?

 

He was a punk.

彼はパンクが好きで

 

She did ballet.

彼女はバレイをしていた

 

What more can I say?

他に何があるかな

 

He wanted her.

彼は彼女が好きで

 

She'd never tell.

彼女は打ち明けなかったけど

 

Secretly she wanted him as well.

ひそかに彼女も彼のことを想っていた

 

And all of her friends stuck up their nose.

でも彼女の友達はみんなお高くとまったお嬢様で

 

They had a problem with his baggy clothes.

彼のだらしないブカブカの服装をよく思ってなかったの

 

He was a skater boy.

彼はスケーターボーイだった

 

She said, "See ya later, boy."

彼女はまた会えたらねと言った(彼をフッた)

 

He wasn't good enough for her.

彼は彼女には釣り合わなかった

 

She had a pretty face but her head was up in space.

彼女は可愛い顔していたけど頭の中はまるでからっぽ

 

She needed to come back down to earth.

ちゃんと考えなきゃいけなかったね

 

* but her head was up in space. She needed to come back down to earth

そのまま訳せば、彼女の頭は宙に浮いていた。しっかり地に足をつけなきゃいけなかった、くらいの意味でしょう。つまり、上の空だったで何も考えてなかったが、本当はしっかり現実をみなきゃいけなかったということ、全体のストーリーとこの歌詞の語り手が現在の彼と恋人関係にある女性だということをふまえて上のような訳にした。

 

Five years from now, she sits at home feeding the baby.

それから五年、彼女は家で赤ちゃんにご飯をあげていた。

 

She's all alone.

彼女はひとりきりだった

 

She turns on TV and guess who she sees?

テレビをつけてみると何が映っていたと思う?

 

Skater boy rockin' up MTV.

あのスケーターボーイがMTVで歌ってたの

 

She calls up her friends.

彼女は友達に電話したら

 

They already know.

もうみんな知っていて

 

And they've all got tickets to see his show

おまけにみんなライブチケットまで持ってた

.

She tags along,

彼女は友達について行き

 

Stands in the crowd,

観衆の中に立っていた

 

Looks up at the man that she turned down.

かつてフッた男を見上げて

 

He was a skater boy.

彼はスケーターボーイだった

 

She said, "See ya later, boy."

彼女はまた会えたらねと言った(彼をフッた)

 

He wasn't good enough for her.

彼は彼女には釣り合わなかったから

 

Now he's a superstar

今じゃ彼はスーパースター

 

Slammin' on his guitar

ギターをかき鳴らしている

 

Does your pretty face see what he's worth?

あなたのそのかわいい顔は彼の価値を見抜けなかったのかしら?

 

Sorry, girl, but you missed out.

残念ね、あなたは逃してしまったのよ

(毎週見ているドラマを見逃したときなどにもmiss outが使えます)

 

Well, tough luck, that boy's mine now.

気の毒だけど彼は今じゃ私のもの

 

We are more than just good friends.

私たちは友達以上の関係なの

 

This is how the story ends.

これが物語の結末

 

Too bad that you couldn't see...See the man that boy could be

残念ね、彼がどんな男になるか想像できなかったのね

.

There is more than meets the eye,

彼には外見以上のものがあるのに

(これは決まり文句です)

 

I see the soul that is inside.

私は彼の内側を見ていたのよ

 

He's just a boy, and I'm just a girl.

彼は一人の少年で私は一人の少女だった

 

Can I make it anymore obvious?

これ以上いうことはあるかしら?

 

We are in love.

私たちは愛しあっている

 

Haven't you heard how we rock each other's world?

私たちの馴れ初めはもう聞いたかしら?

 

I'm with the skater boy.

私は彼と一緒にいる

 

I said, "See ya later, boy."

私はまたあとでねと言い

 

I'll be backstage after the show.

ショーが終わったらバックステージに行き

 

I'll be at the studio singing the song we wrote

スタジオで私たちの書いた歌を歌うの

 

About a girl you used to know.

昔会った、ある少女の歌をね

 

洋楽で学ぶ仮定法 (猿でも分かります)

仮定法

 

後悔と妄想を伝えよう

 

(A)主文

①妄想世界で今するだろうこと→過去形助動詞+動詞(原型)

②妄想世界での昔しただろうこと→過去形助動詞+have 動詞(過去分詞)

 

(B)条件文

①の条件節は過去形で (if I were you)

②の条件節は過去完了形で書く (If I had been you)

 

(B)でどんな妄想の世界なのかを説明し、(A)でその世界で起きることを妄想する。これだけ!

 

あくまで主役はA

例えば・・・

 

If I were you, I would not forgive him. (俺ならあいつを許さないね)

はI would not forgive himだけでも”私なら”というニュアンスが含まれている

 

よく使う助動詞(would, could, should)

If only・・強調(もし~でさえあれば) ifの直後にonlyを入れるだけ。

 

①の例

1) 俺が彼氏なら彼女の話を聞いてあげるのに・・・(beyonce “If I were a boy”)

 

 

2) (もしあれだったら・・)私が彼女になってもいいよ・・(Avril Lavigne “ Girlfriend”)

 

 

3) 金さえあればなんでもお前の欲しいものを買ってやれるのにな

 

 

1) If I were her boyfriend, I’d listen to her. (I’d= I would)

 

話と聞くとstoryとしそうですが、ここでは何か語りたい特別な物語があるわけではなく単純に日々のたわいない話から、悩みごとまで耳を傾けてあげるという意味なのでlisten to herとしましょう。

 

2) I could be your girlfriend.

 

仮定法を使えばこんなすっきり書けます。日本語を英語に変換しようとit’s okay that ~, I don’t mind if~などと書き始めるとその先に詰まります。日本語にとらわれないで状況をイメージしましょう。I want to be your girlfriendとは言えない彼女の気持ちが分かるはずです。

 

3) If only I had more money, I could buy whatever you want.

 

Onlyを使わずに If I had more moneyとしても問題ないですが、onlyを使うことで「金さえ、金さえあれば!」という感じが出ます。If ONLY I had more time(時間さえ・・時間さえあれば!) と思うことが誰にでもあると思います。その時の感情を思い出しながら言ってみましょう。

 

With, without

 

妄想、仮定が名詞を使って一言で表せるならwith, withoutを用いてすっきり書くことができます。

(With/without you, もしあなたがいれば/いなかったら)

 

I wish

~だったらいいのにな、よかったのにな、と思うことがたくさんあると思います。そんな時はI wishを使いましょう。

(I wish you were/had been here: あなたが(今)いてくれたらなあ/(あの時)いてくれたらなあ)

 

I wishを使えば、例えば上の文をIf you were here, I would be very happyなどと長々しく書かなくて済むのです。覚えることが増えたと悲しむのではなく、楽ができる技を手に入れたと喜びましょう。

 

 

 

 

 

 

②の例

 

1) あなたとは違ったかたちで出会いたかったわ

 

 

2) あなたの助けがなきゃ試験に合格できなかったよ

 

 

3) あなたの言うことなんて信じなきゃよかった

 

 

 

 

1) I wish we had met under different circumstances

 

出会うのはもちろん妄想の中の”過去”なので過去完了形を使いましょう。Circumstanceは状況、状態という意味です。前置詞はinを使いそうなところですがunderです。状況下という日本語を思い浮かべ、状況の下に置かれているイメージをすればよいでしょう。他にもI’m under pressure(緊張してる)、under construction(工事中)などが代表的な例です。

 

 

2) I couldn’t have passed the exam without your help.

 

 Without your help, I couldn’tとしても良いですがわざわざカンマを使って節にするほど長くないので文末に持って来れば十分かと思います。

 

 

3) I shouldn’t have believed you.

 

過去のことを語る時のShouldはまさしく後悔のためにある助動詞です。すべきだったが実際にはしなかったという意味になります。If節のような条件を語る節はありませんが、実際にはしなかったことを悔やむ後悔の念がありありと伝わってくるでしょう。

Believeですがbelieve youのように他動詞として用いると「誰かの言うことを信じる、本当のことを言っていると受けとめる」という意味になります。一方でbelieve in god, believe in myselfなど自動詞で用いると「存在を信じる、価値を認める、信頼する(自信を持ち、成功すると思う)」という意味になります。自動詞他動詞について話すと終わらないので今回はここまでにしますが、英語を学ぶ上でとても大事なことです。同じ単語でも意味が変わってしまいますし、主語の取り方も変わりますので。

ちなみに絢香I believe myself♪というフレーズですが、英語版を作った時、歌詞が誤解されないようにI believe in myselfに変更したそうです。

 

 

その他

 

仮定法になったからと言って基本的な文法のルールは変わらないので心配なく。疑問文ならいつも通り助動詞を先頭に持って来ればよいし、否定文ならnotを助動詞の後ろに置けばよいだけです。

 

例) Would you know my name, If I saw in heaven?(Eric Crapton “Tears in Heaven”)

   天国で会っても私の名前を覚えてるかな?

 

 

覚えておくととても役に立つ表現 What if ~ならどうする?

What (would you do) ifの略になってます

 

What if you were the one who they bullied? Would you say the same thing?

もしいじめられてるのがあなたでも同じことが言えるの?

 

What if I told you it was all meant to be? (Kelly Clarkson “A Moment like this”

最初からこうなる運命だったんだって、私が言ったらどう思う?

【洋楽の歌詞】 Avril Lavigne "Girlfriend"

Hey Hey You You
ねえねえ

I don't like your girlfriend
あなたの彼女気にくわないのよ

No way No way
ほんとありえない

I think you need a new one
新しい娘見つけた方がいいよ

Hey Hey You You
ねえねえ

I could be your girlfriend
あたしが彼女になってあげようか


Hey Hey You You
ねえねえ

I know that you like me
あたしのこと好きなんでしょ?

No way No way
いやいや

No, it's not a secret
秘密になってないよ

Hey Hey You You
ねえねえ

I want to be your girlfriend
あなたの彼女になりたいの


You're so fine
あなたはいけてる

I want you mine
私のものにしたい

You're so delicious
あなた魅力的だから

I think about youall the time
いつもあなたのこと考えてしまう

You are so addictive
あなたに夢中なの

Don't you know what I can do to make you feel alright

私ならあなたを幸せにできるって分かんないの?

(直訳するとあなたが幸せを感じるために私ができることを知らないの?ですが、日本人が聞いて?な文章は日本語ですらないので和訳とは呼びません。)


Don't pretend
隠そうとしないで

I think you know I'm damn precious
私のことちょー可愛いと思ってるんでしょ?

Hell Yeah

I'm the one and only princess
私があなたの運命の人、ただ一人のお姫様

I can tell you like me too
あなたも私が好きってことわかってる

And you know I'm right
あなたにもわかってるでしょ?


She's like so whatever
あの女はなんか・・どうでもいいわ

You can do so much better
あなたはもっと幸せになれるのよ

I think we should get together now
いますぐ私と一緒になるべきよ

Well that's what everyone's talking about
みんなそう言ってるわ

Hey Hey You You
ねえねえ

I don't like your girlfriend
あなたの彼女気にくわないのよ

No way No way
ほんとありえない

I think you need a new one
新しい娘見つけた方がいいよ

Hey Hey You You
ねえねえ

I could be your girlfriend
あたしが彼女になってあげようか


Hey Hey You You
ねえねえ

I know that you like me
あたしのこと好きなんでしょ?

No way No way
いやいや

No, it's not a secret
秘密になってないよ

Hey Hey You You
ねえねえ

I want to be your girlfriend
あなたの彼女になりたいの


I can see the way, see the way you look at me
あなたが私のことどんな風に見てるのか分かってるのよ

And even when you look away
よそ見をしていたって

I know you think of me
私のことを考えてるのは分かってる

I know you talk about me all the time again and again
私のことばっか何度も何度も話してるのも分かってるのよ

So come over here and tell me what I wanna hear
ならこっちに来て私が喜ぶようなことを言ってよ

Better, yeah, make your girlfriend dissapear
あの女が消えればいいのよ

I don't wanna hear you say her name
あの女の名前なんて言わないでちょうだいね

ever again
一度でもね

Cuz She's like so whatever
だってあの女はなんていうか・・どうでもいいわ

(Cuz= cause=because)

 

You can do so much better
あなたはもっと幸せになれるのよ

I think we should get together now
いますぐ私と一緒になるべきよ

Well that's what everyone's talking about
みんなそう言ってるわ

Hey Hey You You
ねえねえ

I don't like your girlfriend
あなたの彼女気にくわないのよ

No way No way
ほんとありえない

I think you need a new one
新しい娘見つけた方がいいよ

Hey Hey You You
ねえねえ

I could be your girlfriend
あたしが彼女になってあげようか


Hey Hey You You
ねえねえ

I know that you like me
あたしのこと好きなんでしょ?

No way No way
いやいや

No, it's not a secret
秘密になってないよ

Hey Hey You You
ねえねえ

I want to be your girlfriend
あなたの彼女になりたいの



In a second you'll be wrapped around my finger
ちょっとのあいだだけ、私の指に包まれてみてよ

‘Cause I can, cause I can do it better
だって、私なら……私ならもっと幸せにできるのに

There's no other, so when's it gonna sink in
こんな女は他にいないわよ いつになったら分かるのよ?

(sink in: やっと理解する、実感する

例. His words took a while to sink in./ 彼の言わんとするところを理解するのにしばらくかかった)


She's so stupid, what the hell were you thinking?
あの女はただのバカよ? いったいあなたは何考えてるの?

 

Hey Hey You You
ねえねえ

I don't like your girlfriend
あなたの彼女気にくわないのよ

No way No way
ほんとありえない

I think you need a new one
新しい娘見つけた方がいいよ

Hey Hey You You
ねえねえ

I could be your girlfriend
あたしが彼女になってあげようか


Hey Hey You You
ねえねえ

I know that you like me
あたしのこと好きなんでしょ?

No way No way
いやいや

No, it's not a secret
秘密になってないよ

Hey Hey You You
ねえねえ

I want to be your girlfriend
あなたの彼女になりたいの


Hey Hey You You
ねえねえ

I know that you like me
あたしのこと好きなんでしょ?

No way No way
いやいや

No, it's not a secret
秘密になってないよ

Hey Hey You You
ねえねえ

I want to be your girlfriend
あなたの彼女になりたいの


Hey Hey!

 

使われている英語はほとんど中学生でも理解できる語彙。

なじみがなさそうなのはsink in くらいかな。